メニュー

ワイヤー矯正や手術など

病院

保険が適用される場合も

足の爪が変形したり、爪が指に食い込んで歩きにくかったりするなどの症状は巻き爪が原因であることが多く、症状が進行している場合は巻き爪を専門的に治療するクリニックで矯正や手術を行うことになります。また、軽度の巻き爪であっても症状が軽いうちに根治治療を行うと安心です。東京には巻き爪の専門治療を行うクリニックがあり、東京都周辺に住んでいる方を中心に遠方からも東京まで治療に通院する方が多く人気です。巻き爪の治療は症状や治療法によって保険が適用される場合と自費治療になる場合とがあり、費用も異なります。軽度の巻き爪の場合は簡易的な手術で治療をすることが可能となっており、この場合は保険が適用され手術費用は5,000円代から1万円代となっています。何度も巻き爪になる場合は根治治療を手術で行う方法もあり、保険適用で約1万円ほどで手術を受けることが可能です。ワイヤーを用いて巻き爪を治療する場合は自費治療となりますが、3万円から4万円で矯正を行うことが可能で、ワイヤーの交換費用が1回につき5,000円前後かかります。巻き爪と深爪を同時に起こしている爪や水虫の場合でも東京の専門的なクリニックなら同時に治すことが出来るので、様々な爪の症状でも対応可能で安心です。水虫の治療を同時に行う場合は、巻き爪治療は自費であっても水虫に関しては保険治療を適用するなど、症状に応じた治療を受けることが出来ます。爪の治療にかかる費用は、保険でも自費でも爪一本につきかかる費用として計算し、二本以上の爪の治療を同時に行うことも可能です。